賃貸物件請求管理・公共料金検針システム

【 毎月の賃料請求が簡単に!データは多様な登録形式を用意! 】
「賃貸物件請求管理システム」 公共料金検針機能付き

賃貸物件請求管理システム

■ とにかく面倒だった毎月の賃料請求が簡単に!

  • 家賃は固定家賃と売上歩合制に対応できます。
  • 光熱費もあわせて請求することが可能です。
  • 使用量入力による料金の自動計算処理が可能です。
  • テキストファイルからのインポート機能有り
  • オプションのハンディにより、メーター値入力後システムへの取り込みが可能です。
  • ハンディで入力する際に、メーターを識別するためのバーコード印刷機能有り
  • その他請求項目の追加も可能です。
  • 当月のみや何年何月以降適用といった設定も可能です。
  • 弊社POSレジの使用(売上歩合制の場合)で、家賃の自動取得が可能です。

■ 賃料計算に必要なあらゆるデータを取り込み可能!必要な情報は多様な登録形式を用意!


賃料計算

● 光熱費・家賃マスタ登録
店舗マスタによる固定賃料や、各光熱費単価などの登録を行います。
その月限定の追徴項目がある場合は、各物件ごとに登録できます。
その他、特別項目の登録などが可能です。
(※改定年月以降毎月適用されます。)


マスタ登録

● 光熱費等のデータ取り込み・家賃計算
ハンディで読み取った各メーターの検針値から、使用量及び料金の自動計算処理を行います。
また、他システムからのテキストファイルデータを、当システムへインポートすることが可能です。
売上登録処理は、POSレジシステムと連動するにより、入力が不要になります。
その他、必要に応じて特別項目の詳細データを登録し、各テナントの賃料計算を行います。

■ 請求書はもちろん様々な帳票類が印刷可能!


出力帳票

● 主な出力帳票
請求書発行、請求一覧表、光熱費一覧表、各メーター変動量一覧表など

■ 「公共料金検針システム」作業の流れとハンディの操作方法

公共料金検針システム
1)データ取込
賃貸システムから出力したデータを検針システムに取込

2)バーコード印刷
メーター用バーコードを印刷

3)ハンディ送信
取込データをハンディに送信

4)検針
各メーターの検針値の入力

5)ハンディ受信
検針結果をハンディから受信

6)データ出力
検針結果データを出力します
● ハンディターミナル使用方法
ハンディターミナル ハンディターミナル ハンディターミナルの電源を入れると、検針システムメインメニューが表示されます。
ここから「検針入力」をタッチし、作業を開始します。
ハンディターミナル ハンディターミナルには、検針洩れを確認する機能が装備されています。
検針洩れの分を検針する場合は「はい」を選択、新たな月を検針する場合は「いいえ」を選択します。
ハンディターミナル ハンディターミナル メーターに貼付したバーコードを読取り、受信データに存在しないコードを読取ると振動で警告されます。
「印刷」キーで最後に入力したデータの検針票が印刷されます。(※プリンタ使用の場合)
ハンディターミナル バーコードを読取り、メーター値を入力します。「前回」には、マスタ受信で受信した前回検針値が表示されます。
入力後「ENT」キーで上画面に戻り、読取り作業を開始すると、上画面とこの画面をループします。
従って、コード読取りと数値入力の繰返し作業です。

■ システムに関するお問合わせ、ご相談、資料請求は.....


TEL:0166-29-5095 または E-mail:info@live-ibs.com までお気軽にお問い合わせください。


ホーム | ソフトウェア紹介 | 開発実績 | メディア掲載情報 | 公的助成金活用 | 会社概要 | リンク集 | お問い合わせ |
Since:2001.04.01 Copyright(C) IBS All Rights Reserved.